風営法について知る総合サイト

>

風営法が必要な理由

風営法とは

風営法という言葉から多くの方がイメージするのはキャバレークラブ・ホストクラブなどのお店を思い浮かべるのではないでしょうか。
あるいは、ソープランドやアダルトショップなどの性風俗関連のことを思い浮かべるでしょうか。
しかし風営法で規制しているビジネスはもっと幅広いものです。
もちろん、アダルトショップやソープランド、ラブホテル、アダルトサイトなどのWebビジネスも含みます。
キャバレークラブも含みます。
ですが、それ以外にマージャン店、パチンコ店なども風営法で規制います。
さらに、ライブハウスやゲームセンターなども風営法で規制しているのです。
多くの方がゲームセンターには入ったことがあるのではないでしょうか。
ですので、風営法が多くの方が思うよりも、もっと身近な法律なのです。

風営法の対象ビジネス

風営法は風俗営業を中心として多くのビジネスを規制しています。
大きく分けると「風俗営業」「性風俗関連特殊営業」「特定遊興飲食営業」「酒類提供飲食店営業」「その他」です。
風俗営業は、第1号営業~第5号営業があります。

第1号営業はキャバクラ、ホストクラブ等の社交飲食店、料理店が分類されます。
第2号営業には照度10ルクス以下の薄暗い低照度飲食店、第3号営業客席の広さが5m以下の区画席飲食店が該当します。
その他、第4号営業はマージャン店、パチンコ店等、その他遊技場。第5号営業にはゲームセンターなどが分類されています。
性風俗関連特殊営業ではソープランドやラブホテルなどの店舗型、デリバリーヘルスやアダルトグッズ販売の無店舗型、アダルトサイトなどの映像送信型などがあります。
特定遊興飲食店営業はライブハウスやショーパブ、スポーツバーを指します。
酒類提供飲食店営業はガールズバーやスナック等です。


この記事をシェアする