風営法ってどんな法律?

風営法について知る総合サイト

風営法が必要な理由

風営法とは、どんな法律でしょうか。 風俗営業という言葉でイメージするお店と、実際の法律で定められている風俗営業の間には、大きく乖離があると思われます。 このページでは、意外と知らない、誤解されがちな、風営法の対象ビジネスについてまとめています。 ...続きはコチラ

取締法から適正化法へ

1948年に風俗営業取締法ができました。 今の「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」という名前に変わったのは1984年のことです。 この名前の変化には意外に深い意味があるのです。 このページでは、風営法の取締、規制、適正化という言葉についてまとめています。 ...続きはコチラ

風俗営業の許可を得る

風俗営業をするには「人に問題がないこと」「場所に問題がないこと」「営業所に問題がないこと」ということが必要です。 では、これらにはどのような要件があるのでしょうか。 このページでは、風俗営業に必要な人、場所、営業所などの要件について簡単にまとめます。 ...続きはコチラ

風営法がどんな法律か

風営法は多くの方がイメージするような、性風俗だけでなくほかの多くの業種を含みます。
その目的は、このような例を挙げて説明しましょう。
ある日、家の近所にキャバレークラブができました。
その地区の子供たちが通う小学校の正門の前です。
大変盛況で華やかな女性たちと酔った客が、夕方から深夜にかけて出入りします。
夕方、生徒たちの下校時刻には華やかなネオンが煌々と瞬き、薄暗い周囲を明るく照らしています。
店の前では「いいコがそろってますよ」とボーイが客引きをしています。
いかがでしょうか。
「わざわざ小学校の前で営業しなくても」とか「もっと別の所でやればいいのに」と思うのではないでしょうか。
では、なぜ六本木や銀座の繁華街では営業してもよいのに、小学校の前ではだめなのでしょう。
もっと言えば、どういうところであれば営業してよい、どこどこでは営業してはいけないということを感覚ではなく、きちんとルール化する必要がありますよね。
このようなことをしっかりと法律で定めたのが風営法です。
周辺環境を考慮し、安全に営業するためにこの法律は存在しています。
名前だけ聞いたことはあっても、その詳細まで知っているという人は多くはないでしょう。
この記事では、通称「風営法」あるいは「風適法」についてしっかり解説します。
これから風俗営業をしようというかた(風俗営業許可を取る人)や、風俗営業の禁止事項などを知りたい方は是非、最後までご覧ください。